ドイツ放射線防護協会―がれき受け入れに警鐘、運搬中止を勧告
チェルノブイリ研究者「がれき移動は危険」「セシウム137は心臓疾患を引き起こしやすい」
がれき受け入れについて医師の立場から反対「多大な健康被害を起こす汚染となる」
「セシウム沈着量が多い地域に住む人ほど、がんの発生率が高まる」スウェーデン・トンデル博士
放射線による発がんリスクで提言 女性は男性の1・5倍
「低線量被曝でもDNAは損傷を受け、突然変異を起こす。」スイスの内科医マルティン・ヴァルター氏
「放射性物質は少ない数でも細胞の核に複雑な損傷を残す」放射線医学総合研究所の元主任研究官
ノーベル賞医師団の警告『福島、栃木、茨城、宮城から避難必要』『東京は高濃度汚染地域のど真ん中』

2012年08月05日

岩手県一関市の道路側溝堆積土砂、最大4万9000ベクレルを計測!

2012年8月3日、岩手県一関市の道路側溝に堆積した土砂から最大で1キログラム当たり4万9000ベクレルの放射性セシウムが検出されたことが報道により明らかとなった。一関市の発表によると市内道路側溝の土砂114箇所を調査。その結果、22箇所が同8000ベクレルを超えていたことが判明した。
http://www.best-worst.net/news_acbn6RjwIo.html
posted by Radioactive at 21:33| Comment(0) | 東北の放射能汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月26日

オオクチバスから基準超のセシウム検出−−伊豆沼 /宮城

毎日新聞 2012年07月26日 地方版
 県伊豆沼・内沼環境保全財団は、東京電力福島第1原発事故による両沼の動植物などの放射性物質濃度の測定結果を、「伊豆沼・内沼研究報告第6号」で発表した。
 測定対象物は主に今年3月採取。
 魚ではオオクチバス成魚の放射性セシウムが1キログラム当たり平均109・5ベクレルで、ギンブナの同63・5ベクレルを上回り、食物連鎖で肉食性のオオクチバスで生物濃縮が進んだことをうかがわせた。原発事故以前に捕まえた魚からは放射性物質は検出されなかった。
 岸辺のヨシでは同67・5ベクレルだったが、ヨシを燃やした焼却灰では同1050ベクレルだった。
http://mainichi.jp/area/miyagi/news/20120726ddlk04040009000c.html
posted by Radioactive at 23:34| Comment(0) | 東北の放射能汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月24日

野生鹿3頭の肉に、基準値超セシウム 岩手

 県は大船渡、釜石両市内で捕獲した野生の鹿3頭の肉から国の基準(1キロ当たり100ベクレル)を超える放射性セシウムが検出されたと発表、食用を控えるよう呼びかけている。
 鹿は今年初めて、大船渡市で4頭、釜石市で1頭を捕獲。19日に放射性物質濃度を計測した結果、大船渡市の2頭、釜石市の1頭が同179〜112ベクレルの値を示したという。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120724/iwt12072402110000-n1.htm
posted by Radioactive at 21:48| Comment(0) | 東北の放射能汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月14日

宮城県産クロダイ、ブルーベリー、イワナから基準超の放射性セシウム 最高3300ベクレル

2012年7月6日(金)食品中の放射性物質の検査結果について(第429報)
No.130:宮城県産クロダイ(Cs:3,300 Bq/kg)
http://p.tl/Cogz
2012年7月11日(水)食品中の放射性物質の検査結果について(第432報)
No.109:宮城県産イワナ(Cs:230 Bq/kg)
http://p.tl/Ztkp
2012年7月13日(金)食品中の放射性物質の検査結果について(第434報)
No.5:岩手県産サンショウ(Cs:140 Bq/kg)
No.90、115、116:宮城県産イワナ(Cs:130、150、460 Bq/kg)
No.134:宮城県産ブルーベリー(Cs:190 Bq/kg)
http://p.tl/uqHo
posted by Radioactive at 01:00| Comment(0) | 東北の放射能汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

【青森】八戸港、八戸市沖マダラから基準超セシウム検出

 県は19日、県内漁協に所属する漁船が八戸市沖で漁獲し、八戸港に水揚げしたマダラから、国の新基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超える1キログラム当たり116ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。県は同日、太平洋沿岸の県内17漁協に対し、本県太平洋海域で捕れたマダラの出荷を自粛するよう要請した。
 県産農林水産物から基準値を超える放射性セシウムが検出されたのは初めて。
 県によると、同日実施した県独自のモニタリング調査(簡易検査)で1検体が50ベクレルを超えたことから、精密検査を実施。同じ船が同日漁獲したマダラの市場への流通状況については確認を急いでいる。
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2012/20120620110402.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f
posted by Radioactive at 20:09| Comment(0) | 東北の放射能汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。