ドイツ放射線防護協会―がれき受け入れに警鐘、運搬中止を勧告
チェルノブイリ研究者「がれき移動は危険」「セシウム137は心臓疾患を引き起こしやすい」
がれき受け入れについて医師の立場から反対「多大な健康被害を起こす汚染となる」
「セシウム沈着量が多い地域に住む人ほど、がんの発生率が高まる」スウェーデン・トンデル博士
放射線による発がんリスクで提言 女性は男性の1・5倍
「低線量被曝でもDNAは損傷を受け、突然変異を起こす。」スイスの内科医マルティン・ヴァルター氏
「放射性物質は少ない数でも細胞の核に複雑な損傷を残す」放射線医学総合研究所の元主任研究官
ノーベル賞医師団の警告『福島、栃木、茨城、宮城から避難必要』『東京は高濃度汚染地域のど真ん中』

2012年01月07日

福島第1原発で再臨界? 海水、降下物の放射性物質濃度が急上昇!

排出される放射性物質量が急増!
福島第1原発の3号機取水口付近で採取された海水中の放射性セシウム濃度が、5日、前日の3倍以上に跳ね上がった。
また福島県が発表している放射性物質の降下量が2日以降急上昇している。

冷温停止状態の嘘

続きを読む
posted by Radioactive at 20:32| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

1、3号機は直接検出手段なし=過去にも小規模臨界の可能性―福島原発事故

 東京電力福島第1原発事故で、2号機の溶融燃料の一部が、原子炉の冷却作業が進んだ最近になって一時的な臨界状態だった可能性が浮かんだ。炉内の温度、圧力に変動がないことから、東電と経済産業省原子力安全・保安院は年内に予定する冷温停止状態の実現に影響はないとしている。しかし、炉内の溶融燃料の状況が分からない中、1、3号機では臨界を直接検出する設備がなく、専門家は「安全という根拠もない」と懸念する。

続きを読む
posted by Radioactive at 02:03| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

きょうもキセノン検出 福島第1原発2号機 核分裂の可能性

 経済産業省原子力安全・保安院は2日、福島第1原発2号機の格納容器の気体浄化装置に取り付けたフィルターで、微量の放射性キセノン135が検出され、133は検出されなかったとの東京電力の新たな分析結果を明らかにした。

 放射性キセノンは核分裂に伴いできる。放射線を出す能力が半分になる半減期が短く、検出されれば直近に核分裂が起きた可能性を示す。
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/dogai/329475.html
posted by Radioactive at 17:52| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島第一原発2号機、核分裂の可能性 ホウ酸水を注入

 東京電力は2日未明、福島第一原発2号機の原子炉内で溶けた燃料が核分裂反応を起こしている疑いがあるとして、反応を抑えるためにホウ酸水を注入した。核分裂反応が連鎖的に続く臨界が局所的に起こった可能性もあるという。発電所周辺の放射線量の測定値に異常な変動はみられないという。状況によっては年内の事故収束を目指している工程表に影響する恐れがある。
続きを読む
posted by Radioactive at 17:49| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。