ドイツ放射線防護協会―がれき受け入れに警鐘、運搬中止を勧告
チェルノブイリ研究者「がれき移動は危険」「セシウム137は心臓疾患を引き起こしやすい」
がれき受け入れについて医師の立場から反対「多大な健康被害を起こす汚染となる」
「セシウム沈着量が多い地域に住む人ほど、がんの発生率が高まる」スウェーデン・トンデル博士
放射線による発がんリスクで提言 女性は男性の1・5倍
「低線量被曝でもDNAは損傷を受け、突然変異を起こす。」スイスの内科医マルティン・ヴァルター氏
「放射性物質は少ない数でも細胞の核に複雑な損傷を残す」放射線医学総合研究所の元主任研究官
ノーベル賞医師団の警告『福島、栃木、茨城、宮城から避難必要』『東京は高濃度汚染地域のど真ん中』

2013年08月14日

「福島原発の汚染水漏れを止める方法はもう無い」米国原発専門家アーニー・ガンダーセン…日本で報道されない深刻な真実

(一部抜粋)
Arnie Gundersen:日本は、地下遮水壁によって海への汚染水漏れを防ごうとしています。それは(事故から)もう2年たってるわけだから遅すぎるし、地下構造物ができるころにはもう手遅れだ。しかしながら、地下遮水壁は別の問題を生じさせる。もし、水が海に流れないならば、敷地内でたまり始めます。そしてその現象は、原子力建屋そのものを非常に不安定にさせます。水が、建屋の真下に溜まったとします。そしてもし巨大地震が再来したとすれば、実際、原子力建屋は倒れるかもしれません。つまり、(この方法では)一つの問題を解決することによって、新たな問題を生じさせるのです。
------省略------
福島第一原発は、今後、少なくとも20年〜30年間は汚染水を海に漏らし続けることになるでしょう。

<原文>There is no way to stop Fukushima radioactive water leaking into the Pacific
http://fairewinds.org/media/in-the-news/there-is-no-way-to-stop-fukushima-radioactive-water-leaking-into-the-pacific

福島原発の汚染水、1日300トンが海へ 経産省試算
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS0704R_X00C13A8MM8000/
福島第1原発:汚染水流出 海に40兆ベクレル 規制委「地下水くみ上げを」
http://mainichi.jp/feature/20110311/news/20130803ddm002040103000c.html
posted by Radioactive at 01:06| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月12日

東電、原発線量マップまず米国側へ 

 東京電力が昨年4月下旬に発表した福島第1原発敷地内の放射線量マップ(サーベイマップ)は、公開の1カ月以上前に東電から米原子力規制委員会(NRC)に提供されていたことが11日、分かった。東電によると、サーベイマップは更新して逐次送っていた。経済産業省原子力安全・保安院には米側への提供の翌日になって報告を開始したという。

続きを読む
posted by Radioactive at 09:07| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

【再臨界・核暴走リスク付き「冷温停止状態」】2号機にホウ酸水注入、注水量増も温度横ばい 福島第1原発

 福島第1原発2号機の圧力容器下部の温度が上昇している問題で、東京電力は7日、再臨界を防ぐため2号機の原子炉にホウ酸水を注入し、注水量を毎時約3トン増やしたと発表した。
 東電は7日午前0時20分ごろから約3時間にわたり、約1トンのホウ酸を溶かした水を注入。注水量は昨年12月の「冷温停止状態」宣言以降で最多となる毎時約13.5トンまで増やした。

続きを読む
posted by Radioactive at 20:15| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

福島第一原発1〜3号機の放射性物質放出量=1時間あたり7000万ベクレル・・・放射性物質大量放出現在もつづく

 東京電力は23日、福島第1原発1〜3号機の原子炉格納容器から放出された放射性セシウムの量を測定した結果、1時間当たり計約7000万ベクレルだったと発表した。昨年12月の測定に比べ、約1000万ベクレル増えており、東電は「作業員の出入りや、がれきの撤去で放射性物質が舞い上がった」と説明している。

続きを読む
posted by Radioactive at 22:03| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

福島原発地下道に汚染水300トン 東電調査で確認

 東京電力は12日、福島第1原発3号機近くの電源ケーブルを引き込むための地下道で、放射性物質の濃度が比較的高い汚染水約300トンが新たに見つかったと発表した。1号機付近の地下道でも水たまりが見つかったが地下水に近い濃度で、量などを調べている。

続きを読む
posted by Radioactive at 22:53| Comment(0) | 福島第一原発 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。