ドイツ放射線防護協会―がれき受け入れに警鐘、運搬中止を勧告
チェルノブイリ研究者「がれき移動は危険」「セシウム137は心臓疾患を引き起こしやすい」
がれき受け入れについて医師の立場から反対「多大な健康被害を起こす汚染となる」
「セシウム沈着量が多い地域に住む人ほど、がんの発生率が高まる」スウェーデン・トンデル博士
放射線による発がんリスクで提言 女性は男性の1・5倍
「低線量被曝でもDNAは損傷を受け、突然変異を起こす。」スイスの内科医マルティン・ヴァルター氏
「放射性物質は少ない数でも細胞の核に複雑な損傷を残す」放射線医学総合研究所の元主任研究官
ノーベル賞医師団の警告『福島、栃木、茨城、宮城から避難必要』『東京は高濃度汚染地域のど真ん中』

2012年06月14日

【神奈川】土壌から2万ベクレル超のセシウム 多摩川河川敷

 神奈川県川崎市川崎区殿町先の多摩川河川敷の土壌から一キログラム当たり約二万七〇〇〇〜二万一〇〇〇ベクレルの高濃度の放射性セシウムが検出されていたことが分かった。河川敷を管理する国土交通省京浜河川事務所が五月に汚染物質を調べて判明した。同事務所は「今のところ除染の予定はたっていない」としている。
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2012061490093829.html
posted by Radioactive at 21:03| Comment(0) | 神奈川県汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月31日

【神奈川県】箱根町・芦ノ湖 オオクチバス(ブラックバス)からセシウム

神奈川県箱根町の芦ノ湖で採取されたオオクチバスから、1キログラム当たり100ベクレルの放射性セシウムが検出され、神奈川県は、国の基準は超えていないものの値が高いとして、周辺の漁協に出荷の自粛を要請しました。神奈川県によりますと、今月26日に行った検査で、箱根町の芦ノ湖で採取されたオオクチバスから、1キログラム当たり100ベクレルの放射性セシウムが検出されたということです。

県では、餌として食べた魚を通じて、オオクチバスに放射性物質が蓄積したのではないかとみています。
県は、今後、オオクチバスの検査を毎週行うとともに、漁協を通じて、芦ノ湖を訪れる釣り人などにも、釣ったオオクチバスを食べないよう呼びかけることにしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120531/k10015499911000.html
posted by Radioactive at 22:20| Comment(0) | 神奈川県汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月04日

【神奈川】高放射線量は「原発」原因 多摩川河川敷 雨水などで土壌汚染か

 川崎市川崎区殿町先の多摩川河川敷で三月、放射線量が直近五センチで毎時二・五二マイクロシーベルト、一メートルでも同一・〇マイクロシーベルトと高い数値のごみが見つかった問題で、国土交通省京浜河川事務所は二日、東京新聞の取材に対し、高濃度の放射線量はごみではなく、東京電力福島第一原発事故による放射性セシウムで汚染された土壌が原因と説明した。当初は原発事故とは別の放射能のごみではないかとの指摘もあったが、雨水などで汚染されたとみられる。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20120503/CK2012050302000118.html?ref=rank

【汚染がれき問題】多摩川河川敷ゴミから高い放射線量検出 神奈川県
posted by Radioactive at 22:11| Comment(0) | 神奈川県汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

横浜市立小の体育館側溝で基準値超え

 横浜市教育委員会は9日、旭区今宿東町の市立今宿小学校の体育館側溝の地上1センチの地点から、市の除染基準毎時0・59マイクロシーベルトを上回る同0・62マイクロシーベルトの空間放射線量を検出したと発表した。
 市教委によると、6日に47校で測定し検出された。側溝にたまっていた土砂などを撤去後、同0・12マイクロシーベルトまで線量が下がった。市教委は2月末までに市立学校全校に放射線測定器を配備。3月から各校で毎月1回測定を行っている。市立学校で市の基準を超える空間放射線量が測定されたのは20校目。
http://sankei.jp.msn.com/region/news/120409/kng12040921540005-n1.htm
posted by Radioactive at 20:40| Comment(0) | 神奈川県汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月06日

【神奈川県】真鶴シイタケからセシウム基準超

 神奈川県は6日、真鶴町で5日に採取した原木栽培の生シイタケの出荷前検査で1キロ当たり141ベクレルの放射性セシウムを検出し、4月から適用された新基準値同100ベクレルを上回ったと発表した。3月までの暫定基準値は同500ベクレルで、厳格化された食品の基準値を上回った事例は県内では初。県は同日、真鶴町に原木生シイタケの出荷と使用の自粛を要請した。
 県によると、この生産者は自家消費用に栽培。食べきれない分を農協の直売所で販売するために検査を実施したところ、基準を上回ったため、出荷は行われていない。原木は同町内の所有林から切り出したもの。

続きを読む
posted by Radioactive at 22:33| Comment(0) | 神奈川県汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。