ドイツ放射線防護協会―がれき受け入れに警鐘、運搬中止を勧告
チェルノブイリ研究者「がれき移動は危険」「セシウム137は心臓疾患を引き起こしやすい」
がれき受け入れについて医師の立場から反対「多大な健康被害を起こす汚染となる」
「セシウム沈着量が多い地域に住む人ほど、がんの発生率が高まる」スウェーデン・トンデル博士
放射線による発がんリスクで提言 女性は男性の1・5倍
「低線量被曝でもDNAは損傷を受け、突然変異を起こす。」スイスの内科医マルティン・ヴァルター氏
「放射性物質は少ない数でも細胞の核に複雑な損傷を残す」放射線医学総合研究所の元主任研究官
ノーベル賞医師団の警告『福島、栃木、茨城、宮城から避難必要』『東京は高濃度汚染地域のど真ん中』

2012年01月31日

赤城大沼で採取のイワナ、3回連続で規制値超セシウム /群馬

県は30日、赤城大沼(前橋市)で29日に採取したイワナとワカサギを検査した結果、イワナから暫定規制値(1キロ当たり500ベクレル)を上回る同768ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。イワナが規制値を上回ったのは3回連続。

続きを読む
posted by Radioactive at 23:54| Comment(0) | 水産品汚染情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手のがれき、秋田・大仙市が焼却へ 最大5200トン

 東日本大震災で発生した岩手県の災害廃棄物について、秋田県大仙市は30日、受け入れて市内で焼却処理することを決めた。栗林次美市長が市議会全員協議会で明らかにした。岩手県が秋田県に受け入れを要請している久慈市など4市町村分と、大仙市が独自に協議している宮古市の廃棄物で、2年間で最大5200トンになるという。
http://www.asahi.com/national/update/0130/TKY201201300613.html
posted by Radioactive at 02:33| Comment(0) | セシウム汚染瓦礫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月28日

トヨタ:「東日本」の部品、東北で8割調達−−副社長 /宮城

 トヨタ自動車の新美篤志副社長は11日、関東自動車工業など3社の統合で7月に発足予定の子会社「トヨタ自動車東日本」(本社・大衡村)の生産体制について、東北での部品調達率を8割にしたいとの意向を示した。東北での集約化などに伴い、関自の主力工場の一つ、東富士工場(静岡県裾野市)の生産規模を縮小する方針も明らかにした。

続きを読む
posted by Radioactive at 23:07| Comment(0) | 汚染地域の不動産・工業品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仙台工場完全復旧へ 瓶ビール生産を2月再開 キリン

 キリンビールは27日、東日本大震災で被災した仙台市宮城野区の仙台工場で、瓶製品の製造を2月中旬に再開する計画を明らかにした。被災で一時生産停止に追い込まれた同工場は、瓶製品ラインの再稼働により生産機能が完全に回復する。
 仙台市青葉区のホテルメトロポリタン仙台で、この日開かれたグループの東北エリア2012年事業方針説明会で、横田乃里也仙台工場長が発表した。瓶製品ラインでは主力の「ラガー」「一番搾り」から生産を始める。

続きを読む
posted by Radioactive at 23:03| Comment(0) | 汚染地域の食品生産・流通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

フジコー、東北工場を今春着工−震災復興、生産回復で

 【神戸】フジコーは3月をめどに自動車のフロアカーペットやマット材、吸音材などを生産する東北工場(仮称、岩手県一関市)の建設に着手する。東北地域の自動車生産が回復してきたのに対応し、2013年1月の操業開始を目指す。
 同工場は本社工場(兵庫県伊丹市)、石岡工場(茨城県石岡市)に続く国内3カ所目。自動車用資材の工場としては石岡工場に次いで2カ所目となる。敷地面積約1万1000平方メートル、延べ床面積約2000平方メートルで、従業員30人を予定している。投資額は約3億7000万円。

続きを読む
posted by Radioactive at 23:01| Comment(0) | 汚染地域の不動産・工業品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。